お蕎麦のメールマガジン2002/10/07 -NO.42- (2003/02/05)


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
そば好きさん、いらっしゃい!「お蕎麦のメールマガジン」
2002/10/07 -NO.42-
「そばの里へようこそ」http://www.sobako.co.jp/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
ありがとうございます。現在の購読者数は3036名様です。

◆お品書き
======================================================================
▼新着情報
▼お蕎麦な出来事
▼是非一度おいで下さいませ
▼終わりに
======================================================================

----------------------------------------------------------------------
▼新着情報
----------------------------------------------------------------------
●とてもおいしい蒲鉾紹介
蒲鉾の名産地舞鶴の蒲鉾屋さんが当社を訪問され、お土産に蒲鉾を頂いたの
ですがこれが「美味!」いままで、仙台で食べた蒲鉾が美味しかったなぁと
思っていたのですが、これを軽く上回る味と食感でした。
http://www.sobako.co.jp/kamaboko.htm

●蕎麦リンク集にかないまるさんのページを追加
なんとまぁ、こんなそばページがあったのかというようなご自身の蕎麦打ち
をわかりやすく解説されています。当社メール会員様頒布品(特上粗挽き粉)
を紹介していただいております。
http://member.nifty.ne.jp/kanaimaru/

----------------------------------------------------------------------
▼お蕎麦な出来事
----------------------------------------------------------------------
築地に新しい蕎麦教室が誕生

[寒山拾得]築地そばアカデミー

〒104-0045 東京都中央区築地3-12-12 JKプラザ3F
TEL 03-5148-5559 FAX 03-5148-5510
http://soba.specialist.co.jp

--------------------------------------------------------------------------------
  川越そばの会で活躍している井上明さんが、一茶庵・友蕎子の最後の内弟
子で一茶庵蕎麦打ち教室の講師をされていた永山寛康氏を学長として迎えて
新たに蕎麦教室「[寒山拾得]築地そばアカデミー」をスタートした。開校を
前に工事中の同教室を開放するというので、早速見せていただいた。場所は
地下鉄・築地駅から1分、本願寺の横である。

  訪れた9月中旬は、まだ工事中で厨房機器を搬入しただけだったが、そ
れでも、これまでの蕎麦屋さんの厨房機器、蕎麦打ち道具、内装……と比べ
ると、常識を覆す数々の新機軸で、まさにそば屋さんが変る……ということ
が実感できる新しい施設が溢れていた。

 素人ながら、これまでそば屋さんの厨房の世界は、どちらかといえば長い
伝統に培われた旧来の道具やシステムを踏襲することが多かったように思う。
蕎麦打ちの道具、厨房機器、レイアウトにしても、近年経営といった視点に
求められるようになってきた、安全、環境、あるいは扱いやすさ、効率、合
理性、スピード……といったさまざまな課題に対しても、どちらかといえば
あまり重きを置いて研究されてきてはいないように思う。こうしたことに対
して、今回の蕎麦アカデミーは、従来の伝統的なよさを生かしながら、井上
・永山両氏独自の考察を加えて、新しい提案がふんだんに盛り込まれており、
こうした試みはこれからの蕎麦屋さんの店舗のあり方を変えそうな予感さえ、
感じさせるほどの新鮮な刺激がある。

 教室は、床が板を置いただけの隙間のある板敷き。外気を床下から取り入
れて、厨房へと流す。厨房からは大きな換気扇で空気を外に送り出す。外−
教室−厨房−外という流れで、教室には厨房の匂いが還流しない……という
設計である。

 同アカデミーの教室の講座は、

1.本科(プロ基本技術:20単位)198,000.-、
2.専科(プロの応用技術:20単位)298,000.-
3.研修(実践技術の訓練:10単位)198,000.-
4.演習(繁栄ゼミナール:10単位)198,000.-
5.基礎(素人さん歓迎/基本コース:4単位)39,800.-
6.貸台
……で、月−金のコースから夜間コース、土日コースまでさまざま用意されている。

 このアカデミーの特徴は、単に蕎麦打ち技術の習得だけでなく、蕎麦店経
営に関するノウハウや、蕎麦打ち道具、蕎麦店厨房機材についても研究をす
すめ、新しい提案を行なうところにあり、新規蕎麦店の開業を目指す人にとっ
ては、頼りになる教室でもある。

 去る10月1−3日に開かれた「2002めん産展」でも、90×150ミリの蕎麦打
ち台、新しい重量感のあるアルミヘラ絞り製の蕎麦打ち用鉢……などを展示
・実演し、注目を集めた。

  蕎麦打ちコースは10月12日にスタートするが、今後、このアカデミー
は教室運営と同時に、茹で湯の対流を重視した釜の開発など、新しい蕎麦店
用厨房機器類の開発にも意欲を燃やしており、今後が注目される。


・講師の永山寛康さん
http://www.kaji.org/soba/photo/2002/020914/009.jpg
・厨房の中
http://www.kaji.org/soba/photo/2002/020914/021.jpg
・釜とコンロ
http://www.kaji.org/soba/photo/2002/020914/023.jpg
・厨房から教室が見える
http://www.kaji.org/soba/photo/2002/020914/024.jpg
・手前と向こうに釜が2つある
http://www.kaji.org/soba/photo/2002/020914/026.jpg
・6台の90×150の打ち台。ラバーをかければ調理台、打ち板を載せれば打ち台の両用である
http://www.kaji.org/soba/photo/2002/020914/027.jpg
・72Lの釜。手前から奥に
湯が還流している
http://www.kaji.org/soba/photo/2002/020914/053.jpg
・秘密は3本のバーナーと底面のフィンにある
http://www.kaji.org/soba/photo/2002/020914/002.jpg
http://www.kaji.org/soba/photo/2002/020914/003.jpg
・上の鏡で手元が見える
http://www.kaji.org/soba/photo/2002/020914/058.jpg


提供 梶文彦 様
■Kaji's 蕎麦打ちページ(http://www.imasy.or.jp/~fkaji/


----------------------------------------------------------------------
▼是非一度おいで下さいませ
----------------------------------------------------------------------

●茨城県古河市 喜久そば

はじめまして、私どもは茨城と埼玉の県境である古河市の国道4号線沿いで商
いをさせていただいております。他の蕎麦屋さんと違うのは、創業者である
父の故郷信州色の強い店と言う事です。蕎麦はもちろん石臼挽きの自家製粉
ですし、つゆも吟味した天然素材をしようしております。

自慢はつなぎなしの十割そば。
天ぷらは山菜や山野草のみ。

あと当店の自慢のもう一品が今信州の観光地で売られている膨らし粉を使用
した皮の厚いおやきに対抗して、昔ながらの具のたっぷり詰まった皮の薄い
おやきです(野沢菜・かぼちゃ・あんこ丸茄子・牛蒡・にんじん・りんご・
茄子チーズetc)などあります。
イベントでは1日600個売上の実績を持つ当店自慢のおやきです。

手の込んだ懐石料理などはせずに囲炉裏のある店舗で素朴な料理を信州の地
酒を酌み交わしながら語らいを楽しんで頂いております。ぜひ、1度お越し
くださいスタッフ一同お待ち申しあげております。

茨城県古河市中田町1048 こだわりの喜久そば 
電話0280(48)4141 FAX0280(48)2267



●信州家

信州は松本、すすき川沿いにひっそり佇む小さな蕎麦屋『信州家』
 信州の契約農家の強力のもと、100%信州産そば粉を使った外一そばは格別
の風味とのどごし 秘伝のそばつゆをつければ美味しさは倍増!
http://www.mcci.or.jp/www/s-soba/

松本市筑摩1−2−5
0263−25−6579
信州家
email = s-soba@po.mcci.or.jp

----------------------------------------------------------------------
▼終わりに
----------------------------------------------------------------------
すっかりご無沙汰でごめんなさい。これからは心を入れ替えて配信できるよ
うに努力いたしますm(__)mそれはそうと、9月の後半にホームページで販売
しているそば粉の中のいくつかの銘柄で新そばが発売になりました。これら
の粉に使用している原料は今のところ幌加内産を使用しています。そのうち
斜里産に変わります。すでにお買い求めのお客様は新そばを堪能されている
ことと思います。何人かのお客様より「美味しかったよ」とお褒めの言葉を
頂戴しておりますので、ひとまずホッとしております (*^^*)

これから年末の年越し蕎麦まで少々忙しい日々が続きますが、良いそば粉を
提供していけるよう頑張りますので、ご期待下さいませ。

最近の一大事と言えば、先日の台風ですね。一大事でした。家から車で20
分くらいのところにある送電の高い鉄塔がいくつも倒れたんです。おかげで、
我が家は停電に見舞われ、翌日の昼過ぎまで復旧しませんでした。戦後最大
だとか言われていますが、その風はこの世の物とは思えず、きっと工場の屋
根がもって行かれるかもしれないなぁと思いつつ、過ごしておりました。幸
い、たいした被害も無く。。。

近所の家が風よけになってくれたみたい (^^;)

まわりの家は瓦が飛び、老朽化した倉庫は全壊、近くのガソリンスタンドは
屋根が落ちる。商店のシャッターはまくれ上がるなどもう銚子近辺は被害が
大きかったです。

もうイヤって感じですね(^^;)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
最後までお読みいただきありがとうございました。これからも喜んで頂けるメ
ールマガジンとして頑張って参ります。
----------------------------------------------------------------------
★メール会員も募集しています(^o^)http://www.sobako.co.jp/member/
======================================================================
「お蕎麦のメールマガジン」編集責任  そばの里の村長・古川浩
----------------------------------------------------------------------
そばの里へようこそ http://www.sobako.co.jp/
Copyright(C), 有限会社 古川製粉所 古川浩
掲載内容の無断転載を禁じます
mailto:furukawa@sobako.co.jp
〒288-0867 千葉県銚子市忍町41
TEL 0479-33-0033  FAX 0479-33-2512

★当メールマガジンの購読停止などを御希望の場合、お手数ですが、
http://www.sobako.co.jp/mailmagazin/
のページにアクセスして解除をお願いいたします。
宛先の変更は一旦解除したあと新しいアドレスにて新規購読をお願い致します。
----------------------------------------------------------------------
このメールマガジンは、インターネットの本屋さん『まぐまぐ』
まぐまぐマガジンID 0000030244
http://www.mag2.com/

メールマガジンポータルサイト 『melma!』
melma!マガジンID m00010162
http://www.melma.com/

を利用して発行しています。
======================================================================

<Back|Top|Next>
このシステムはColumn HTMLカスタマイズしたものです。
そばの里へようこそ[そば粉,蕎麦]へ戻る 銚子オオクワガタ倶楽部(クワガタ画像など) 銚子オオクワガタBLOG オオクワガタ飼育用菌糸ビン,菌糸瓶 ペットホテル ぺぺ 成田空港近く