お蕎麦のメールマガジン2002/03/21 -NO.38- (2003/02/05)


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
そば好きさん、いらっしゃい!「お蕎麦のメールマガジン」
2002/03/22 -NO.38-
「そばの里へようこそ」http://www.sobako.co.jp/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
いつもご購読頂きありがとうございます。
お蕎麦のメールマガジンの読者数が2900名となりました。
蕎麦友達の皆さんにこのメールマガジンを教えて上げて下さいm(__)m
http://www.sobako.co.jp/mailmagazin/
↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑お申し込みページです。

◆お品書き
======================================================================
▼新着情報
▼川越蕎麦の会からのお知らせ
▼お蕎麦な出来事
▼是非一度おいでくださいませ
▼終わりに
======================================================================

----------------------------------------------------------------------
▼新着情報
----------------------------------------------------------------------
●ビデオ付き特上そば粉セットプレゼント実施中
http://www.sobako.co.jp/present/index.html
3月初めより、プレゼント企画を行っております。お申し込み受付は3月31
日までですので、応募がまだの方はお急ぎ下さいね。

●業務用生冷凍10割蕎麦販売開始
http://www.sobako.co.jp/shop/10wari/index.html
今まで、個人向け蕎麦セットを取り扱って参りましたが、この度、居酒屋、日
本料理店など業務用向けの生冷凍10割蕎麦を販売開始致しました。この商品
は業務用と言うことでダンボウル入れになり、150g×26入りとなってお
ります。個人の方でも毎日召し上がりたいと言う方にはピッタリですね。
価格は4800円で提供です。

●ヒゲタ醤油「秘伝の蕎麦露」販売開始
http://www.sobako.co.jp/shop/hiden_tuyu.htm
江戸の頃から蕎麦つゆに重用されている
・かつお本枯節(薩摩)
・宗田枯節(土佐)
・さば枯節(伊豆)
の厳選品を使用。 超特選しょうゆ「本膳」で熟成させた本かえしを合わせま
した。江戸老舗秘伝の味を今に伝える蕎麦つゆの逸品です。
1本350円、6本1900円で提供です。
不意のお客様やそばつゆを作るまで行かない方に最適です。

----------------------------------------------------------------------
▼川越蕎麦の会からのお知らせ
----------------------------------------------------------------------
http://www.l-h.co.jp/soba/

■使いやすい道具、美味しく繋げやすいそば粉、分かりやすい教材をセット■
■「川越蕎麦の会」と「そばの里」のジョイント企画          ■
■そば打ちが上達する!“手打ちそばレッスンセット”デビュー     ■

手打ち蕎麦が上達していくプロセスは、たとえて言うならば自転車の練習によ
く似ています。自転車に「乗れる」ようになるまでには、ある程度の基礎的練
習をへて一気に乗れるように…。そして、そのあと「上手に乗りこなす」よう
になるためにはさらなる練習をしなくてはならないというわけです。

この企画は、毎月手打ち蕎麦速習講座を開催して、半日で手打ち蕎麦の「基
礎」を入門者に伝受している川越蕎麦の会のカリキュラムをもとに、手打ち蕎
麦を習うために必要な道具、そば粉類、本とビデオ教材一式をセットにしたも
のです。セットに付属する説明書にしたがって練習を重ねれば、どなたでも細
くて長いそばが打てるようになります。

道具は、500g(5人前)までが打てるエントリータイプから、生粉打ちも行え
る本格的なタイプまでさまざまな種類を用意。すでに道具を持っている人は、
このレッスンセットだけでも単独に受講していただけます。

また、コースとしては、4回コース(24人前)と8回コース(約50人前)の2パ
ターンを用意。鮮度が肝心な粉の供給は、ハガキ型式となった「そば粉券」で
リクエストしていただくことにより、常に新鮮な碾きたてのそば粉を直送。最
良のコンディションの粉で練習していただけます。

粉の特性にあわせて、具体的な加水率等を示した作業チャートを差し上げます
ので、どなたも失敗なし。気持ちよく打って、美味しくおそばを召しあがって
いただけることでしょう。

しかも、このセットには川越蕎麦の会の速習講座に1,000円割引きで優待する
チケットがついてくるので、最後の締めくくりに講師から直接指導を受けるこ
とも可能。まさに至れり尽くせりの構成となっています。

[レッスン・セット]http://www.L-H.co.jp/soba/soba_lessonset.html
[ご注文はこちらへ]http://www.L-H.co.jp/soba/soba_set.html

  【価格の一例(組み合わせる道具によります)】
  
  ●初級基本セット + 手打ちそばレッスンセット」4回コース 42,800円
  ●初級基本セット + 手打ちそばレッスンセット」8回コース 47,800円
  [道具の内容]→http://www.L-H.co.jp/soba/soba_set.html#syokyuset
  
  ●普及セット   + 手打ちそばレッスンセット」4回コース 31,800円
  ●普及セット   + 手打ちそばレッスンセット」8回コース 36,800円
  [道具の内容]→http://www.L-H.co.jp/soba/soba_set.html#fukyuset
  
  ●エントリーセット+ 手打ちそばレッスンセット」4回コース 25,800円
  ●エントリーセット+ 手打ちそばレッスンセット」8回コース 30,800円
  [道具の内容]→http://www.L-H.co.jp/soba/soba_set.html#entryset
  
  ●手打ちそばレッスンセット  4回コース(道具なし)    10,500円
  ●手打ちそばレッスンセット  8回コース(道具なし)    15,500円
  [レッスンセット]→http://www.L-H.co.jp/soba/soba_lessonset.html
  ※http://www.L-H.co.jp/soba/soba_set.htmlにて販売している
   手打ち蕎麦セットと組みあわせることにより1,000円引きとなります


----------------------------------------------------------------------
▼お蕎麦な出来事
----------------------------------------------------------------------
道具がなくても蕎麦打ちは楽しい
道具があるともっと楽しい

蕎麦打ちはまったく自己流ではじめた。初めて打ったのはもう、かれこれ20
年少し前になる。お互いに蕎麦好きだった仕事仲間が、故郷からそば粉が送
られてきたというので、では打ってみようとはじめたのがそもそもの初めで
ある。

どのように打つのかもまったく知らず、友人が持参した自然薯を摺り下ろして
加え、一生懸命こねた。今から考えると、300gほどの粉に、100gほどの自然
薯を摺り下ろして捏ねていたのだから、無謀である。粉は硬くなりなかなかま
とまらない。そこで、仕方なく適当なやわらかさになるまで、だましだまし水
を加えて、やっと伸ばせるほどの硬さにして、パン用の麺棒で伸し、折りたた
んで文化包丁で切って茹で上げて食べた。

たためばそこで切れるわ、茹で時間もわからないので、乾麺並に5分近く茹で
るは……で、ぼそぼその切れる蕎麦を食べたのが、蕎麦打ち初体験のとんでも
ない顛末である。しかし、それでもあきらめずにその後も蕎麦打ちをすること
になったのは、やはりそのときの蕎麦の味が忘れられなかったためかもしれな
い。“蕎麦”の香りが横溢していたのだ。

その後、家族から「この蕎麦はスプーンのほうが食べやすいね」などという正
直な迫害を受けながらもめげずに月に1度くらいの割で打ちつづけていた。蕎
麦をかなりな頻度で打つようになったのは、1990年頃からである。きっかけは、
柴田書店の『OYSY蕎麦』である。偶然書店で見つけて購入したことで、俄
然、蕎麦打ちへの意欲が強まり、写真入で紹介されている一茶庵の片倉氏をは
じめとした翁・高橋、上野藪・鵜飼、星月・諸星、本村庵・小張、蕎仙坊斎藤……
など錚々たる人たちのレシピや打ち方を参考に蕎麦を打つようになり、何とか
蕎麦らしい蕎麦になりはじめた。この頃から、仲間たちの新年会、忘年会……
というと、私の事務所を提供し、最後に蕎麦を食べてもらうというだまし討ち
を頻発しているうちに、仲間たちからも、「しばらく蕎麦を食べていない」な
どという催促も出るようになったというのが実情である。

だから師匠と呼ばれるような人もなく、道具は、デコラのテーブル、パン用の
麺棒、ステンのボール、文化包丁……と、どこの家庭にもあるもので、 500g
を打っていた。蕎麦道具に関して言えば、素人が腕もないのに道具にこってど
うする……という思いもあった。

そば粉も、なかなか手に入らず、デパートの食品売り場で購入するのが精一杯
で、横浜高島屋の地下、町田の富沢商店……が頼りだった。打ち粉や更科粉は
ないために、共粉を打ち粉にして打っていた。95年からインターネットを使い
はじめて、そこで「蕎麦の里」のホームページを知り、通信販売で買えるよう
になって、蕎麦打ち環境は大きく変わった。なにしろ、メールで注文すれば2,
3日のうちにはそば粉が届くのである。

そのうち捏ね鉢、麺棒、蕎麦打ち台、包丁、小間板……と道具がそろってくる
と、やはり打ちやすい。文化包丁と手小間では、疲れて500gを2,3度打つの
が限界である。道具があると、2kgが打てるし、2,3度打つこともそれほど
無理ではない。道具の効用はやはりあるのだ。それをつくづく感じさせられた
のは、蕎麦打ち台である。

ひょんなことから、川越蕎麦の会で販売している蕎麦打ち台を使わせていただ
いているが、これがやはり打ちやすく、抜群なのだ。シナベニアの180×
85mm、厚さ24mm、F1塗装品でアレルギー対策も万全である。打ちやすい、疲
れない……販売価格9,000円と言うことだが、やはり道具は選ぶものだという
ことを実感する。とはいえ、それで蕎麦の腕は上がったかと問われれば、自信
はない。

素人として蕎麦を打ってきた立場から、一番最初にそろえる道具は何かと聞か
れたら、まず、包丁と応える。捏ね鉢も、蕎麦打ち台も、麺棒も重要だが、コ
レラは他のもので代替がきく。捏ね蜂は大きめのボールでも変わらない、台は
当初はデコラでもOK、私は今でも台がなければテーブルで打つ。麺棒も、D
IYで丸棒を購入してくれば十分だ。しかし、包丁はちょっと違う。いい包丁
とは言わないが、これから末永く蕎麦を打とうというならば、包丁と小間板を
購入することをお勧めする。古川製粉所さんのセットなどを利用するのもいい。


提供 梶 様
■Kaji's 蕎麦打ちページ(http://www.imasy.or.jp/~fkaji/


----------------------------------------------------------------------
▼是非一度おいでくださいませ
----------------------------------------------------------------------

●そば屋敷 ぶな苑
http://bunaen.fc2web.com/index.html

住所 新潟県南魚沼郡六日町大字余川48-2
電話 0257−72−2173  

関越自動車道六日町インターチェンジより車で2分 

新潟県南魚沼郡六日町。魚沼コシヒカリと八海山で有名なこの地は、手打ちそ
ばもおいしいんです。

ちょっと変わり者の店主が打って切る、十割そばはとても固くて太くて、でも
一度食べるとまた食べたくなる絶妙の食感。

店は自然のぶな林を借景として、古い民家の廃材で作られた落ち着いたたたず
まいです。ぜひ一度お越し下さい。

同じ蕎麦を使った「そば屋敷 系列店」が湯沢駅前、水上駅前、
茨城の鹿嶋神宮境内にもあります。

●白馬の手打ち蕎麦屋ちぇしあ
〒399-9301 長野県北安曇郡白馬村北城2937-303
TEL 0261-72-7777
URL http://www.h2.dion.ne.jp/~cheshire/
JR大糸線白馬駅より車で五分

メニュー内容は、ごく一般的なものです。
蕎麦も、勿論手打ちオンリーですが(二八蕎麦のみ)取り立てて変わったこと
はしていません。但し、水に関しては水道の蛇口をひねるだけで東京の蕎麦屋
さんがよだれを流すような水が無尽蔵に出てきます。水温もかなり低めで(戸
隠よりはちょっと高いけれど)打つにも晒すにも締めるにもなんの造作もいり
ません。蕎麦粉に関しては、県内産と幌加内産を時期なりに使い分けています。
あまり気負わずに常食としての食べやすい蕎麦を打っているつもりです。(ま
あ、自分としては結構美味しい方だと思っていますが)

もし、白馬方面へいらっしゃる機会がありましたら、一度お立ち寄り下さい。
それなりに納得していただけると自負しています。

店主 渡邉洋一

----------------------------------------------------------------------
▼終わりに
----------------------------------------------------------------------
やっと春一番が吹きましたね。例年より2週間ほど遅かったとか。。。年が
明けてからうちの方ではインフルエンザが猛威をふるっておりまして、ここ
にきてやっとおさまってきたようです。我が家でもインフルエンザにかかっ
たり風邪をひいたりして3人同時に寝込む事態もありましたが、僕はなぜか
平気でした。長女の高校受験もあったので心配しておりましたが、無事終わ
り、ホッと一息ついているところです。

それはそうと、今回のプレゼント企画ですが、例年ですと一月募集しても応募
が350くらいしかなかったのに、今回は1000応募を越えています。最近
蕎麦のテレビ番組が多かったので、そのせいかもしれませんね。ちょっと当選
確率が低くなりましたが、これからはプレゼント企画も回数を増やして行って
行こうと考えていますので、お楽しみに(^o^)

それと前号でご案内した色々な産地のそば粉ですが、来月のメールマガジン
にて第1弾の限定販売をご案内したいと思います。メール会員の皆様には一
足早くお知らせ致しますね。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
最後までお読みいただきありがとうございました。これからも喜んで頂けるメ
ールマガジンとして頑張って参ります。
----------------------------------------------------------------------
★メール会員も募集しています(^o^)http://www.sobako.co.jp/member/
======================================================================
「お蕎麦のメールマガジン」編集責任  そばの里の村長・古川浩
----------------------------------------------------------------------
そばの里へようこそ http://www.sobako.co.jp/
Copyright(C), 有限会社 古川製粉所 古川浩
掲載内容の無断転載を禁じます
mailto:furukawa@sobako.co.jp
〒288-0867 千葉県銚子市忍町41
TEL 0479-33-0033  FAX 0479-33-2512

★当メールマガジンの購読停止などを御希望の場合、お手数ですが、
http://www.sobako.co.jp/mailmagazin/
のページにアクセスして解除をお願いいたします。
宛先の変更は一旦解除したあと新しいアドレスにて新規購読をお願い致します。
----------------------------------------------------------------------
このメールマガジンは、インターネットの本屋さん『まぐまぐ』
まぐまぐマガジンID 0000030244
http://www.mag2.com/

メールマガジンポータルサイト 『melma!』
melma!マガジンID m00010162
http://www.melma.com/

を利用して発行しています。
======================================================================

<Back|Top|Next>
このシステムはColumn HTMLカスタマイズしたものです。
そばの里へようこそ[そば粉,蕎麦]へ戻る 銚子オオクワガタ倶楽部(クワガタ画像など) 銚子オオクワガタBLOG オオクワガタ飼育用菌糸ビン,菌糸瓶 ペットホテル ぺぺ 成田空港近く