お蕎麦のメールマガジン2002/01/14 -NO.36- (2003/02/05)


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
そば好きさん、いらっしゃい!「お蕎麦のメールマガジン」
2002/01/14 -NO.36-
「そばの里へようこそ」http://www.sobako.co.jp/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆お品書き
======================================================================
▼本年も宜しくお願いいたします
▼新着情報
▼お蕎麦な出来事
▼こんなメールを頂きました
▼終わりに
======================================================================

----------------------------------------------------------------------
▼本年も宜しくお願いいたします
----------------------------------------------------------------------
そばの里の古川です。読者の皆様、こんにちは。今年も宜しくお願いいたし
ます。おかげさまで、当オンラインショップでは昨年12月に過去最高の売
り上げを記録致しました。予想していたよりもだいぶ良い結果でありまして、
読者の皆様が応援していただけたおかげと感謝しております。今年も皆様の
蕎麦ライフに貢献して行けるよう頑張ってWEBショップを運営してきたい
と思いますので、また宜しくお願いいたします。

----------------------------------------------------------------------
▼新着情報
----------------------------------------------------------------------
●仲良しリンク集に追加
日立ぐるめ物語
http://www.rakunousha.com/
日立と周辺のうまいもんの店を紹介している地域の街づくりのためのホーム
ページ。なかには蕎麦店の紹介やそばの蘊蓄、打ち方も掲載されている。

----------------------------------------------------------------------
▼お蕎麦な出来事
----------------------------------------------------------------------

●蕎麦とうどんを堪能した一日----恐るべき”うどんパワー”

・古川製粉所「特上」のせいろ蕎麦
http://www.kaji.org/soba/photo/011209/P017.jpg
・夢2000のうどん打ち(左2つ)、釜玉、釜バター
http://www.kaji.org/soba/photo/011209/P006.jpg
http://www.kaji.org/soba/photo/011209/P007.jpg
http://www.kaji.org/soba/photo/011209/P020.jpg
http://www.kaji.org/soba/photo/011209/P021.jpg
・蕎麦打ち、うどん打ち、ご馳走様でした
http://www.kaji.org/soba/photo/011209/P005.jpg
http://www.kaji.org/soba/photo/011209/P009.jpg
http://www.kaji.org/soba/photo/011209/P012.jpg
http://www.kaji.org/soba/photo/011209/P026.jpg


 いやはや、何とも実に楽しい会でありました。soba-mlの東京会員の有志が
集まって蕎麦打ち会をやろうということになり、12月9日、江戸川区瑞江の東
部フレンドホールの調理室をお借りして実施した。参加者は17名。調理台が
5面あるので、1台を昼食用の調理台として使い、残りの4台を各4人ずつ
が使った。今回は、蕎麦打ち会ということだが、soba-mlに参加している讃岐
うどんの極東支部のメンバーも参加して、それはそれは賑やかな楽しい会に
なった。

 最初は、提案者のM氏が模範打ちを行なった後、それぞれ調理台に移って
参加者が500gずつ打つ。そば粉500gに小麦粉100g、外2である。蕎麦打ちは
初めてという参加者が半分くらいか。経験者がそれぞれ調理台について懇切
に指導。初打ちの参加者もていねいな作業で見事な蕎麦を打つ。打った初心
者が全員自分が打った蕎麦の”蕎麦らしい”出来栄えに驚いていたようだ。
蕎麦打ちは、基本を守ってていねいにやれば全く経験がない人でもそこそこ
の蕎麦は打てる……ということを今回でも証明したようだ。

 今回は、昼食に模範打ちの蕎麦と、H氏、T氏を始めとするうどんグルー
プが打ったうどんと私が打った芥子きりを食べていただいたが、なによりも
この日の会場を盛り上げたのは、言い出しっぺのM氏のほかに、讃岐うどん
の極東支部の面々である。圧巻はうどん。H氏が持ってきてくれた香川の新
しい小麦粉”夢2000”を始め何種類かで打っていただいた。夢2000はコシも
あり小麦粉の美味しさが手にとるように感じられる素晴らしい粉である。い
まやASWに席巻されている讃岐のうどん界に国産小麦の復権を実現するた
めにも、早く量産できるようになって欲しいものである。

 夢2000は通常のしょうがとネギを薬味にしてもりうどんと釜揚げでいただ
いたが、ほかにも、釜玉、釜バター(上写真)……など、新しいメニュが作
られ、蕎麦しか知らない私には、目からウロコの体験であった。釜玉とは釜
揚げうどんに生卵をからませたもの、釜バターとは釜揚げうどんにバターを
溶かしからめたもの……である。その美味さたるや、なんとも表現がしにく
い。和洋風?洋和風?……これはどのうどんでもOKというわけにはいくま
い。やはり癖のない小麦でなければあれほどバターとの相性がよくはないだ
ろう。いかにも地粉というものでは卵やバターのよさを活かせまい。白椿の
ような癖のない小麦に合った調理法のようだ。ASWなどにはうってつけか
もしれない。

 釜玉は、さぬきではいまやブームである食べ方らしく、セルフの店などで
も結構人気という。うどんに関してはまるで浦島である。これは、一度、機
会を作って本山にお参りに行かねばなるまい。

 蕎麦はどちらかといえば、そば粉の産地やつなぎの含有率、粉の粗さ、変
り蕎麦、切るかそばがきか……を楽しむくらいがバリエーションで、茹でた
蕎麦を汁につけて食べるというスタイルは基本的には変らない。生卵をかけ
たり、ましてや洋もののバターとからめるなど、こうした突飛な発想(いや、
むしろ自然な発想というべきか)は蕎麦の世界ではあまり考えられない。こ
のうどんの自由さはいったいなんであろうか。うーん、蕎麦の世界ももっと
自由でいいかも知れんなあと少し反省した次第である。これでいいという言
い方もあるが、新しいいいものを探すのも調理の楽しさの一つであるいじょ
う、もっと自由に試してもいいかもしれません。おそるべきさぬきうどん……
である。

 当日、酒のアテにはM氏が調理した、焼き味噌や揚げ蕎麦、参加者が用意
してきた湯葉……など贅沢なものがならび、蕎麦を打ちながら、うどんを味
わい、合い間にちょいと引っ掛ける……というとてつもない贅沢な一日であっ
た。それにしてもうどんのパワーには圧倒された。ぜひうどんを打ってみた
い……という欲求がふつふつと湧いてきた蕎麦打ち会であった。

次回の日程は未定ですが、ページでも告知しましょう。蕎麦打ち会は楽
しいよ。みなさんお気軽にご参加ください。


提供 梶 様
■Kaji's 蕎麦打ちページ(http://www.imasy.or.jp/~fkaji/soba.html

----------------------------------------------------------------------
▼こんなメールを頂きました
----------------------------------------------------------------------
私は福岡県の玉来と申します。
先日、ビデオとそば粉を注文しまして
2日前から熱心にビデオを見まして
本日そば打ちに挑戦しました。
そば打ちは今年の5月からやっていま
すが、うまくいかずに行き詰まっていま
したが、古川さんのビデオでようやく念願
のうまいそばを食べれまして、大感激
しました。
ほんとにすばらしいビデオを販売して頂き
ましてありがとうございました。
そば打ちの本(写真付き)では、静止画で
すし、そばに水を回すことやコネることが
よく分かりませんでしたが、このビデオで
ようやく理解できました。
そば打ちが私にとって、素晴らしい趣味
になりました。
重ねてありがとうございました。
貴社のますますのご清栄をお祈り致します。

※このようなメールを時々頂くのですが、とても嬉しいです(^o^)
ネットで商売していてホントに良かったと思うひとときですね。

----------------------------------------------------------------------
▼終わりに
----------------------------------------------------------------------
皆さん、年越し蕎麦はどうだったでしょうね。僕は31日に3kの蕎麦を打
ちました。友人のところに毎年配っているので、配ると言っても時間指定で
取りに来て頂くのですが(笑)取りにくると雑談が少しはいったりするので
終わってみると半日に近い時間がかかってしまいました(;^_^A アセアセ
前日には、以前に会長を務めておりましたスポーツ振興会の仲間を招待して
蕎麦をご馳走したのですが、食わせる食わせると言いながら3年の任期の中
では一度も蕎麦を打ってご馳走したこともなかったのですが、やっと、約束
が果たせてホッとしました。この時はさすがに年末と言うこともあって少人
数での蕎麦会となりましたが、生粉打ち蕎麦、更科蕎麦を堪能して喜んで帰っ
て行ったようです。更科蕎麦に関してはこの辺では殆ど打っているお店がな
いので、初めて食べたのでしょう。。。不思議な顔をしていました(笑)
でも、蕎麦打ちっていいですね。打っている時、お客様は回りで目を丸くし
て蕎麦打ちを見ています。間違いなく主役になれます (^o^)

・相変わらずのダイエット途中経過
現在の体重 82.5KG〜83.5KGの間で変動中(^^;)目標78K
体脂肪は27%
ダイエットはまったく変動がないのでしばらく報告も中止しますね。
10月に風邪をひいてちょっとの間中断したら、すっかりダイエットへの気
力が萎えてしまいました。ダイエットは長く継続させるのが一番難しいと感
じていますが、また機会を見て、再開したいと思います(笑)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
最後までお読みいただきありがとうございました。これからも喜んで頂けるメ
ールマガジンとして頑張って参ります。
----------------------------------------------------------------------
★メール会員も募集しています(^o^)http://www.sobako.co.jp/member/
======================================================================
「お蕎麦のメールマガジン」編集責任  そばの里の村長・古川浩
----------------------------------------------------------------------
そばの里へようこそ http://www.sobako.co.jp/
Copyright(C), 有限会社 古川製粉所 古川浩
掲載内容の無断転載を禁じます
mailto:furukawa@sobako.co.jp
〒288-0867 千葉県銚子市忍町41
TEL 0479-33-0033  FAX 0479-33-2512

★当メールマガジンの購読停止などを御希望の場合、お手数ですが、
http://www.sobako.co.jp/mailmagazin/
のページにアクセスして解除をお願いいたします。
宛先の変更は一旦解除したあと新しいアドレスにて新規購読をお願い致します。
----------------------------------------------------------------------
このメールマガジンは、インターネットの本屋さん『まぐまぐ』
まぐまぐマガジンID 0000030244
http://www.mag2.com/

メールマガジンポータルサイト 『melma!』
melma!マガジンID m00010162
http://www.melma.com/

を利用して発行しています。
======================================================================

<Back|Top|Next>
このシステムはColumn HTMLカスタマイズしたものです。
そばの里へようこそ[そば粉,蕎麦]へ戻る 銚子オオクワガタ倶楽部(クワガタ画像など) 銚子オオクワガタBLOG オオクワガタ飼育用菌糸ビン,菌糸瓶 ペットホテル ぺぺ 成田空港近く