お蕎麦のメールマガジン2001/1/17 -NO.17- (2003/02/05)


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
そば好きさん、いらっしゃい!「お蕎麦のメールマガジン」
2001/01/17 -NO.17-
「そばの里へようこそ」http://www.sobako.co.jp/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆お品書き
======================================================================
▼新着情報
▼新春読者プレゼント
▼お蕎麦な出来事
▼終わりに
======================================================================

▼新着情報
----------------------------------------------------------------------
●新着ショッピングリンク集
■「だしや」どっとこむ(http://www.dashiya.com/
椎茸・昆布・いりこ・花かつおなどの、だし専門店です。原木栽培の椎茸は、
完全無農薬で二年間かけて栽培されています。その椎茸の品質を見極め、よ
い状態でしかもお手軽な価格で、お客様に食べていただこうと創業以来、努
力しております。

●新着蕎麦リンク集
■川越蕎麦の会(http://www.l-h.co.jp/soba/index.html
埼玉県川越市にて、蕎麦打ち速習講座を行ったり、格安な手打ち道具を販売
している。ビデオこそ付属しませんが、良い道具セットに仕上がっています。


▼新春読者プレゼント
----------------------------------------------------------------------
読者の皆さん、新世紀おめでとうございます。
ってちょっと遅いですね(^。 ^;)

さてさて、時々催してきた読者限定プレゼントですが、年も変わりましたし
今年の運試しに如何ですか?振るって応募して下さいませ。

●蕎麦の味噌1ヶと蕎麦茶一袋をセットにして5名さまにプレゼント!
応募フォームはこちらです。
http://www.sobako.co.jp/present/

▼お蕎麦な出来事
----------------------------------------------------------------------

●超微粉そば粉のそば
 しばらく前に秋田県のある製粉所が、ジェット粉砕で超微粉のそば粉を作
る技術を開発したとのニュースがあったが、その製粉所で製粉したそば粉は、
何度か友人から送ってもらって打ったことがあった。たまたまこのニュース
を見て、詳しい情報を欲しいと友人に依頼しておいたら、説明書とともに、
5kgのそば粉が届いた。さっそく打ってみた。この超微粒粉技術がどのよう
なものが、比較するのに一番いいのは、通常の製粉技術で製粉したそば粉も
一緒に打ってみることだが、残念ながらそのそば粉は手元にない。まあ参考……
という程度でご勘弁いただきたい。

●マイナス冷気ジェット粉砕機
 ジェット粉砕技術とは、こういうものだ。 マイナス40℃という低温下の
冷凍状態で蕎麦をジェット噴出し、そば同士をぶつけ合うことで粉砕する。
粒の大きさは約20ミクロン。この大きさは、製粉技術としてはもっとも微細
の部類に入るという。最小でナノメーターのサイズまで可能だそうだ。ジェッ
ト粉砕する際のそばの実の状態で、抜き後の甘皮が着いたものを粉砕すれば
全粒粉ができる。

 そば粉は細かいほど作りやすく、つながりやすくなり、艶も出る。しかし、
これまでの製粉技術では臼の摩擦圧力で製粉するために、熱が加えられてし
まい、細かく挽くとそれだけ味や香りが飛んでしまうという問題があった。
これを解決したのがこの粉砕機。低温下で粉砕がおこなわれるために、香り
が逃げないという。さらに、これまで製粉しにくかった甘皮やそば殻までが
製粉可能だという。

 この機械は、もともと鉱物の粉砕装置として中国で開発されたものを、同
社が食品加工用機械に作り変えたものだ。この技術を使うと、大豆を微粉砕
してその粉を水で溶いて加熱するだけで豆腐が出来るのでオカラとして捨て
る部分がなくなり、コーヒー豆や日本茶を微粉砕すると水で溶いただけで飲
めるようになるという。同社と多方面での応用を進めてゆくそうだ。   
 
次号へ続く・・・

提供 梶 様
■Kaji's 蕎麦打ちページ(http://www.imasy.or.jp/~fkaji/soba.html

▼終わりに
----------------------------------------------------------------------
暮れの年越し蕎麦は4kほど蕎麦を打って友人達にお裾分けしました。久し
ぶりに蕎麦を打ったので疲れましたがやっぱり美味しいと言って頂けたのが
蕎麦打ち人にとって唯一の喜びでしょうか。嬉しかったです。
年も明けて新世紀となり、今年はあわただしい一年になりそうです。クレジッ
トカード決済の導入を予定しておりまして、これは近い内に導入できそうで
す。僕自身ネットで買い物をするときはカードで決済することが多いので便
利になると思います。新受注システムも春くらいには稼働させたいと考えて
います。このシステムが稼働するとお客様は会員番号とパスワードだけでお
買い物を楽しむ事ができるようになります。皆様に喜んでいただけるように今年
も頑張りますので楽しみにお待ち下さいませ。
----------------------------------------------------------------------
最後までお読みいただきありがとうございました。これからも喜んで頂けるメ
ールマガジンとして頑張って参ります。
======================================================================
「お蕎麦のメールマガジン」編集責任  そばの里の村長・古川浩
----------------------------------------------------------------------
そばの里へようこそ http://www.sobako.co.jp/
Copyright(C), 有限会社 古川製粉所 古川浩
掲載内容の無断転載を禁じます
mailto:furukawa@sobako.co.jp
〒288-0867 千葉県銚子市忍町41
TEL 0479-33-0033  FAX 0479-33-2512

★当メールマガジンの購読停止などを御希望の場合、お手数ですが、
http://www.sobako.co.jp/mailmagazin/
のページにアクセスして解除をお願いいたします。
宛先の変更は一旦解除したあと新しいアドレスにて新規購読をお願い致します。
----------------------------------------------------------------------
このメールマガジンは、インターネットの本屋さん『まぐまぐ』
まぐまぐマガジンID 0000030244
http://www.mag2.com/

メールマガジンポータルサイト 『melma!』
melma!マガジンID m00010162
http://www.melma.com/

を利用して発行しています。
======================================================================

<Back|Top|Next>
このシステムはColumn HTMLカスタマイズしたものです。
そばの里へようこそ[そば粉,蕎麦]へ戻る 銚子オオクワガタ倶楽部(クワガタ画像など) 銚子オオクワガタBLOG オオクワガタ飼育用菌糸ビン,菌糸瓶 ペットホテル ぺぺ 成田空港近く